管理人の私が妊活中に飲んでいたのは、葉酸とマカを配合した妊活サプリでした。元気な赤ちゃんを授かるために栄養素と安全にこだわって、人気の妊活サプリを徹底比較しました。

妊活サプリの失敗しない選び方

葉酸400μgが摂取できる

厚生労働省はサプリメントから葉酸を摂取することを推奨しています。妊活中は女性なら400μg、男性なら240μgが必要な摂取量です。また葉酸は安全性が高く吸収効率も良い天然由来モノグルタミン酸型の葉酸が厚労省で推奨されています。サプリメントに含まれる葉酸の種類と配合量をチェック!

マカが摂取できる

マカは男女ともに妊娠力を向上させる働きがあります。そのため妊活中は葉酸と同時にマカも摂取することをオススメ。マカはペルー産ではなく国産マカの方が栄養価が非常に高くなります。マカには鉄やカルシウム、亜鉛などが豊富に含まれているため妊活にピッタリです。

安全な原料のみを使用している

元気な赤ちゃんを授かるためには妊娠前から妊娠後まで食の安全には細心の注意を払うことが重要です。妊活サプリに使用されている原料も安全かどうかのチェックしましょう。保存料、香料、甘味料などの食品添加物もなるべく避けるのが望ましいです。

製造面で安全への配慮がしっかりされている

妊活サプリの原料などの安全性と同じくらい製造面の安全性も重要です。安心安全なサプリメントを製造する基準をクリアしているGMP認定は当たり前。さらに放射能や残留農薬などの検査も定期的に実施している妊活サプリを選ぶべきです。

ビタミンB12などの栄養素を配合している

葉酸は葉酸だけ摂取しても効果はありません。重要なことはビタミンB12や鉄分、カルシウムなどのビタミン、ミネラルと同時摂取すること。ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することで葉酸などの吸収や働きを助けてくれます。

価格よりも栄養素や安全で選ぶべし!

妊活サプリで重要なことは「栄養素」と「安全性」です。元気な赤ちゃんのためには妊娠に必要な栄養素を安全に補給することが重要です。「あまりお金がないから・・・」と安いサプリメントを選んで後悔するご夫婦が後を絶ちません。ドラッグストアでは激安の葉酸サプリやマカサプリが買えますが、それらのサプリメントを妊活のために飲むのは危険です。価格よりも先に栄養素と安全性をチェックしましょう。元気な赤ちゃんを授かるためには妊活サプリのお金は節約するべきではありません。

人気の妊活サプリを徹底比較

商品お試し価格葉酸マカ安全(原料)安全(製造)その他栄養成分

full-me MACA
2,980円
全額返金保証あり
400μg 無農薬国産マカ100% 食用精製加工油脂を含む 国内生産、GMP認定、有機JAS認定、放射能・残留農薬検査済み 鉄、カルシウム、亜鉛、ショウガ

ベジママ
2,750円
全額返金保証あり
400μg なし 結晶セルロースを含む 国内生産、GMP認定、放射能・残留農薬検査済み ピニトール、鉄、カルシウム、亜鉛、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC

ハグクミの恵み
2,980円
全額返金保証あり
配合なし 国産マカ&アンデス産マカ(無農薬栽培) 危険な添加物なし 国内生産、GMP認定、放射能・残留農薬検査済み 鉄、カルシウム、亜鉛、ザクロ

kodakara
26,920円
定期コースは5回継続が必須
402μg 配合 結晶セルロースを含む 国内生産、医薬品GMP認定 たんぽぽ、亜鉛、鉄、カルシウム、αリポ酸、コエンザイムQ10、乳酸菌

※比較表は横にスクロールできます。

商品

商品名

full-me MACA

ベジママ

ハグクミの恵み

kodakara

お試し価格

2,980円
全額返金保証あり

2,750円
全額返金保証あり

2,980円
全額返金保証あり

26,920円
定期コースは5回継続が必須

葉酸

400μg

400μg

配合なし

402μg

マカ

無農薬国産マカ100%

なし

国産マカ&アンデス産マカ(無農薬栽培)

配合

安全(原料)

食用精製加工油脂を含む

結晶セルロースを含む

危険な添加物なし

結晶セルロースを含む

安全(製造)

国内生産、GMP認定、有機JAS認定、放射能・残留農薬検査済み

国内生産、GMP認定、放射能・残留農薬検査済み

国内生産、GMP認定、放射能・残留農薬検査済み

国内生産、医薬品GMP認定

その他栄養成分

鉄、カルシウム、亜鉛、ショウガ

ピニトール、鉄、カルシウム、亜鉛、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC

鉄、カルシウム、亜鉛、ザクロ

たんぽぽ、亜鉛、鉄、カルシウム、αリポ酸、コエンザイムQ10、乳酸菌

フルミーマカで凝固剤として使われている食用精製加工油脂は気になる添加物です。油脂に含まれている可能性があるトランス脂肪酸は過剰摂取すると身体に悪影響のある物質です。妊婦が過剰摂取すると流産など妊婦への影響との関連性も報告されています。農林水産省はトランス脂肪酸の基準値を1日2gとしているため少量であればまったく問題ありませんが摂取しない方が良いことは間違いありません。トランス脂肪酸自体は牛肉などの天然の食品にも含まれるため、少量であれば過剰に避ける必要はありません。

結晶セルロースに関しては安全性が高い添加物ですが、許容摂取量が設けられるなど積極的に摂取すべきものではありません。結晶セルロース自体は多くの食品に含まれるもののため、添加物にかなり神経質な場合以外はさほど気にする必要はありません。

妊活サプリ総合ランキング

full-me MACA

  • 農薬未使用の国産マカ100%
  • 厚労省推奨の葉酸400μg配合
  • 15日間の全額返金保証
  • 国内の医薬品製造工場(GMP認定)で製造
  • 放射能検査実施済み!
価格栄養素安全
2,980円
全額返金保証あり

ベジママ

  • 厚労省推奨の葉酸400μg!
  • 海外の妊活では常識のピニトールを唯一配合!
  • ミネラル豊富なルイボスも配合
  • 葉酸と相性の良いビタミンB12も同時摂取できる
  • 国内のGMP認定工場で生産
  • 放射能、残留農薬検査実施
  • 無期限の全額返金保証!
価格栄養素安全
2,750円
全額返金保証あり

ハグクミの恵み

  • 無農薬栽培した国産マカとアンデス産有機マカ使用!
  • マカ配合量は業界トップクラスの800mg
  • 妊活で人気のザクロ使用!
  • 国内のGMP認定工場で生産
  • 放射能、残留農薬検査実施
  • 使い切ってもOKの全額返金保証あり!
価格栄養素安全
2,980円
全額返金保証あり

kodakara

  • 厚労省推奨の葉酸400μg配合!
  • ベビ待ち夫婦必須のマカ配合
  • 鉄、亜鉛、αリポ酸、コエンザイムQ10、乳酸菌配合
  • 医薬品GMP認定工場で製造
  • 2014年モンドセレクション銀賞受賞!
価格栄養素安全
26,920円
定期コースは5回継続が必須

ドラッグストアの激安妊活サプリの真実

妊活サプリはドラッグストアでも買うことができます。ネット通販では約1ヶ月分で3,000〜5,000円が妊活サプリの相場ですが、ドラッグストアでは数百円〜1,500円程度で買えてしまいます。「ドラッグストアの方が圧倒的に安いし手軽に買えるから」とドラッグストアの妊活サプリを選ぶベビ待ち夫婦も多いようですが、その妊活サプリは本当に大丈夫?

結論から言えば、大手が販売するドラッグストアで買える妊活サプリは原料、栄養成分、安全面でオススメすることはできません。ここではサプリメントでは有名なDHCさんの「葉酸」を例に挙げて解説していきます。

DHC「葉酸」の商品情報

商品名葉酸 30日分
価格258円(税込)
原材料【主要原材料】ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12
【調整剤等】麦芽糖、デキストリン、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル
栄養成分(1日当たり)葉酸400μg、ビタミンB2 1.3mg、ビタミンB6 1.7mg、ビタミンB12 2.5μg

栄養成分

葉酸400μgやビタミンB6,B12などが摂取できるため一見良さそうに見えます。ただ妊活中には鉄分やカルシウム、ビタミンCなどの栄養素も重要になってきます。それらのビタミンやミネラルが配合されていないため妊活サプリとしてはオススメできません。

安全

調整材として原材料で使用されている「結晶セルロース」「ショ糖脂肪酸エステル」は注意が必要です。「ショ糖脂肪酸エステル」は一般的なサプリメントでもよく使われる添加物です。ただし発がん性や肝臓肥大のリスクが指摘されているため避ける方がベターと言えます。また結晶セルロースも一般的によく使われる添加物ですが、安全性が確立されているわけではありません。

今回はDHCさんの「葉酸」を例に挙げて詳しく見ていきました。激安で買えるのには理由があるということです。「葉酸400μg配合されてるし激安だから飲んでいる」というベビ待ち夫婦も多いようですが、原材料や栄養素を詳しく見ていくと妊活サプリとしてはかなり微妙なことが分かります。DHCさんに限らず大手メーカーの販売するサプリメントは価格を安くするために添加物が多く使われているケースも多いです。普段の生活であれば気にしない添加物も妊娠前後では細心の注意を払うべきです。

ドラッグストアで市販されている妊活サプリに比べ、ネット通販で売られているものは価格が倍以上するものもあります。しかし栄養成分や天然原料を使うなどの妊活や安全面への配慮がされているものも多いため、妊活サプリはネット通販で買うことをオススメします。それでもドラッグストアで買いたい場合には原材料や栄養成分の安全性を徹底的に調べましょう。すべては元気に産まれてくる赤ちゃんのためです。

妊活中に摂取したい栄養成分一覧

葉酸

妊活中だけでなく妊娠中、妊娠後にも摂取したいのが葉酸。厚生労働省も妊活中には1日400μgの葉酸の摂取を推奨しています。葉酸により子宮内膜が厚くなり着床率向上や受精卵保護による妊娠力向上が期待できます。また神経管閉鎖障害などの先天異常のリスクを減らしてくれます。男性も葉酸を摂取することで胎児の奇形リスクが減少するため、妊活中のご夫婦で一緒に摂取しましょう。

マカ

マカは妊活中のご夫婦で一緒に摂取したい栄養素です。マカは女性が摂取することで女性ホルモンの分泌をサポートしてくれる働きがあります。生理不順改善や基礎体温の安定などが期待できます。また男性がマカを摂取することで精子数や精子の活動が活発になる効果もあります。

カルシウム

カルシウムも妊娠前から摂取したい栄養素です。妊娠するとお母さんの身体にあるカルシウムを使って赤ちゃんは成長性していきます。そのため妊娠中はカルシウム欠乏症になりやすく骨粗しょう症、くる病、赤ちゃんの発育不全のリスクが高まります。成人は慢性的にカルシウム不足と言われているので妊活中からカルシウムを積極的に摂取することが重要です。

マグネシウム

カルシウムとマグネシウムは同時摂取することが望ましいです。マグネシウムとカルシウムはお互いの吸収を助ける働きがあります。カルシウムとマグネシウムの理想的な割合は2:1と言われています。

亜鉛

亜鉛には女性の卵巣の働きをサポートする働きがあります。「排卵を促す」「子宮内膜を厚くして着床率向上」「卵胞を育てる」「生理不順改善」など。これらは亜鉛により黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンの働きを促すためです。またや卵胞刺激ホルモンは男性の精子の生産数や運動に大きく影響するため、男性も亜鉛を摂取することをオススメします。

鉄分

妊娠に関わらず女子は月経などで鉄分不足になりやすい体質です。鉄欠乏性になると妊娠しにくくなるだけでなく、妊娠中は赤ちゃんの発育不足などのリスクも増えます。鉄は全身に酸素や栄養を送るのに重要な栄養素です。そのため妊活中から鉄分は積極的に補給しましょう。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10には高い抗酸化作用があります。それにより卵子の老化を防ぐ働きがあると言われています。また卵巣機能と深い関係にあるミトコンドリアの働きを助けることで卵子数の増加も期待できます。ビタミンC、ビタミンE、亜鉛にも抗酸化作用があります。男性もコエンザイムQ10により精子の質が向上し妊娠しやすくなると言われています。

ビタミンB12

ビタミンB12は葉酸の吸収を助ける働きがあります。葉酸とビタミンB12は同時摂取することを心がけましょう。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化力が強く卵子の老化防止にもつながります。また抗酸化作用により妊活中のストレスにより発生した活性酸素を除去する働きもあるため、活性酸素から卵子や精子を守る効果もあります。またビタミンCには亜鉛の吸収をよくする働きもあるため妊活中から積極的に摂取しましょう。

ビタミンE

ビタミンEにはホルモン環境を整える働きがあり、妊娠力を向上させる効果があります。「排卵促進」「月経異常」「着床率アップ」などを期待できます。また抗酸化作用もあるため卵子や精子を守る働きもあります。