冷えは妊活の敵!妊活中はお風呂で身体を温めましょう。

    妊活をしている人や妊活を始めようと思っている人なら、だれでも一度は「冷えは妊活の敵」だということを聞いたことがあるのではないでしょうか。身体が冷えていると、子宮や卵巣も冷えてしまったり、血液の循環が悪くなったりして、妊娠に悪影響を及ぼしてしまいます。身体を温めるのに効果的なのが入浴です。妊活のための入浴についてご紹介します。

    シャワーだけはNG!湯船に入るべき理由

    湯船に入ると、身体がしっかり温まるのは分かっているけど、忙しかったり、面倒だったりして、毎日のお風呂をシャワーで済ませている人も多いのではないでしょうか。しかし、妊活をするのなら、できるだけ湯船に入るようにしましょう。シャワーだけでも汚れは落とせますし、熱めのお湯なら一時的には身体が温まったように感じるかもしれません。

    しかし、暑い季節でも冷房や冷たい飲み物などで身体は予想以上に冷えてしまっています。身体が冷えると、卵巣の機能が低下し、質の良い卵子が作られなくなることにつながります。また、冷えによって血流が悪くなり、子宮内膜が育ちにくくなるなど妊娠を妨げる結果になってしまいます。冷えてしまっている身体を中心から温め、全身の血液の巡りを良くするためには、やはりシャワーだけでは不十分で、湯船に入る必要があるでしょう。

    身体を温める入浴のポイント

    妊活をしている人は、身体を温める入浴を意識することが大切です。どんなポイントがあるのでしょうか。まず、40℃以下くらいのぬるめのお湯にすることです。冷えていると熱いお湯に入るのが気持ち良いのですが、熱いお湯はすぐにのぼせてしまい、身体がしっかり温まるまで湯船につかることができません。また、交感神経が刺激され、血管が収縮してしまうので逆効果になることもあります。

    ぬるめのお湯に20~30分時間をかけてつかり、身体を温めましょう。この方法なら、副交感神経の働きで、血液の巡りが良くなり、リラックス効果も高いです。湯冷めしにくいという利点もあります。保温効果のある入浴剤などを入れるとさらに効果的です。ぬるいお湯の場合、健康な人ならば肩までしっかり湯船に入っても問題ありません。心臓に持病があったり、負担が気になる場合は半身浴にするという方法もあります。

    お風呂に入る時間がとれないときは?

    忙しくて毎日30分近くもゆっくりお風呂に入るのは難しいという場合も、もちろんあるでしょう。そのような時は足浴がおすすめです。足浴は、洗面器やバケツにお湯を張り、足をつけて行います。お風呂よりも少し熱めの39~42℃くらいのお湯を使うのが良いでしょう。足首の上あたりまでお湯につけると温まりやすいです。5~10分間でも十分に効果があります。お湯につけながら、足のツボを押したり、簡単なマッサージをするのも良いでしょう。

    足浴は身体への負担が少ないので、忙しい時だけでなく、体調があまり優れない時でも手軽に行えます。シャワーだけしかできない場合は、入る前に浴室を十分温めておきます。シャワーで身体を洗っている間、足だけでもお湯につけておくと、少しでも体が温まります。熱めのバスタオルなどを肩から上半身にかけておくと身体の冷えを防ぐこともできます。

    まとめ

    身体を温める入浴についてご紹介しましたが、いかがでしたか?身体が冷えてしまうと人間の体は、まず生命維持活動に必要な心臓などの臓器を最優先に血液を送ります。そのため、子宮や卵巣などの生殖器は血流が悪くなり、冷えの影響を受けやすくなってしまいます。また、妊娠した後も、子宮環境を良い状態に保ち、赤ちゃんへ十分な血液を供給するために、身体を冷やさないことが大切になってきます。普段から、身体を温める入浴や生活習慣を意識して、冷やさないようにしましょう。

    体が温まると、子宮や卵巣の働きが良くなるだけでなく、むくみや肌荒れなどが改善したり、身体の免疫力がアップしたりと、妊活だけにとどまらない嬉しい効果もあり、良いことずくめです。入浴は1日の疲れを癒し、リラックスできる時間にもなります。せっかくなので入浴の力を最大限利用して、あなたの妊活にぜひ役立ててみてくださいね。

    科学院「葉酸情報のページ」(外部サイト)