妊活中のご夫婦で摂取したいマカの効果・効能と副作用

    マカはペルー原産の野菜で、栄養価の高さや滋養強壮作用の強さで知られています。様々なサプリメントや栄養ドリンクに使われるだけでなく、妊活への活用でも注目を浴びています。

    マカは妊活中の男女で一緒に摂取したい栄養素!

    マカには精子の原材料となるアルギニンが豊富に含まれています。同じく精子の生産に欠かせない亜鉛などのミネラルもバランスよく含まれています。そのため男性の妊活でもマカを摂取することをオススメします。またマカには性欲を高める成分も含まれており、それにより男性機能の向上に期待できます。そのため日本ではマカといえば精力剤としての効果効能が有名です。

    男性の精力剤として有名なマカは女性が妊娠しやすい身体を作るために効果があると注目が集まっています。必須アミノ酸や不飽和脂肪酸が豊富で代謝を高める効果が期待できるだけなく、女性のホルモンバランスも整えてくれます。生理不順や排卵のタイミングのずれは妊活の妨げになります。また冷え性予防や体力の向上にも効果があると言われています。

    マカの副作用

    マカは一般的な食品としてなかなか手に入らないため、サプリメントなどの形で摂取するのが一般的です。マカサプリメントは薬ではなく食品に分類されるため副作用はないものの、過剰摂取によって体調に影響がでる場合があります。吐き気や頭痛、下痢などが主な症状で飲み過ぎには注意が必要です。マカ以外の成分が原因になる場合もあるため、規定量を守ることが重要です。

    また妊娠した後にマカを摂取するのも避けるべきと言えます。何か明確な理由があるわけではありませんが、妊娠中はホルモンバランスをはじめ、普段と身体の調子が大きく異なります。そのためマカのような女性ホルモンバランスに影響するような成分は避ける方がベターです。もし気になる場合はかかりつけのお医者さんに相談するようにしてください。

    国産マカとペルー産マカの栄養価のちがい

    マカはペルー原産の野菜ですが、数は少ないですが日本国内でマカを栽培しているところもあります。実はこの国産マカはペルー産マカに比べ圧倒的に栄養価が高いことが分かっています。

    日本食品分析センターのあるデータによるとアルギニン4倍以上、ベンジルグルコシノレートは10倍以上、リジンは1.7倍以上、プロリンは2倍以上とも言われています。その他の必須アミノ酸や非必須アミノ酸も日本産マカの方が圧倒的に豊富です。

    また血圧を下げる効果やリラックス効果があると言われるギャバは国産マカにしか含まれていません。マカといえば精力剤というイメージが強いためリラックス効果のある成分が含まれているというのは不思議な感じもしますが、身体をリラックスさせる効果も期待できます。