厚労省推奨!妊活中に葉酸を摂取するメリットと効果・効能

    葉酸はビタミンBの一種であり、細胞の分裂と新陳代謝に深くかかわる栄養素の一つです。妊娠時には特に重要な栄養素で、厚生労働省が葉酸の摂取を推奨する文書を発表したことで知られています。

    神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

    厚労省が葉酸を推奨する理由とは

    厚生労働省が葉酸の摂取を推奨した理由は、先天性の障害を持った子どもが増加傾向にあったためです。研究の結果、葉酸を摂ることで子供が先天性異常を持つ確率を下げられることがわかり、妊娠初期に重要な栄養素として推奨されるようになりました。

    妊娠初期は赤ちゃんの脳や神経細胞などを生み出す重要な時期です。細胞分裂を活発にする葉酸を摂取することで、健康な赤ちゃんが生まれやすくなります。葉酸が不足すると脳や脊髄がうまくつながらず、障害を持った子供が生まれる確率が高まってしまいます。妊娠時は妊娠していない時と比べ2倍程度の葉酸が必要と言われています。葉酸は食品から摂取するのではなくサプリメントで摂取することが推奨されています。

    葉酸は妊娠中だけでなく、妊活や出産後にも重要な役割を果たします。葉酸を摂取することにより子宮内膜を厚くし、着床しやすい身体を作ると言われています。そのため妊活には必要不可欠な栄養素です。血液の合成に使われる栄養素であることから、生理不順にも良いとされています。たんぱく質の合成にも関わり、肌の調子や髪の毛の質にも影響を与えています。葉酸は単体で摂取するのではなく、ビタミンB12などと同時に摂取するようにしましょう。ビタミンB12には葉酸の再利用を助けたり、ヘモグロビンを合成する働きがあり、貧血予防などにも効果があります。

    厚労省は天然葉酸ではなく合成葉酸を推奨している?

    厚労省が推奨しているのは天然葉酸ではなく合成葉酸です。よくサプリメントなどでは化学性のものは身体に悪いから天然(オーガニック)が良いと言われますが、葉酸についてはちがいます。葉酸は「ポリグルタミン酸型」と「モノグルタミン酸型」の2つに分類されます。

    「ポリグルタミン酸型葉酸」は 枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草などの食品に含まれるもの。「モノグルタミン酸型葉酸」は葉酸サプリに含まれるものです。厚労省で推奨しているのは食品に含まれる「ポリグルタミン酸型葉酸」ではなく「モノグルタミン酸型葉酸」です。これは葉酸の吸収率が大きく関わってきます。

    実は食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸は吸収率が50%しかありません。また葉酸は水溶性ビタミンで熱や水などにも弱いため茹でるなどの調理すると多くの葉酸が損失します。そのためほうれん草や枝豆などの食品を食べても葉酸を十分に摂取することは難しいと言えます。

    それに対し、モノグルタミン酸型葉酸は吸収率が85%です。効率よく葉酸を補給できるのは葉酸サプリメントということです。またモノグルタミン酸型葉酸はポリグルタミン酸型葉酸を吸収率が高くなるように変換したものです。そのため合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸と言っても食品由来のものも存在します。

    吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸にも食品由来のものと石油などの化学物質から人工的に作られたものもあるので、サプリメントを選ぶ時には野菜や酵母由来のモノグルタミン酸型の葉酸を配合したものを選ぶことが重要です。