妊活中に飲みたいおすすめの飲み物3選

    妊活におすすめの飲み物として3つあります。それはルイボスティーと黒豆茶とココアの3つです。今回の記事では、それぞれの飲み物が妊活においてどれだけ効果があるのかを、成分にも言及しながら、紹介していきます。甘いもので妊活対策をしたい人にはココアがおすすめですが、自分が長続きしそうなものを選んで試してみましょう。

    ノンカフェインが嬉しい!ルイボスティー

    妊活するのにおすすめの飲み物があります。それはルイボスティーです。普段お茶を飲む代わりに、ルイボスティーを飲めば妊娠しやすい体質になるといわれています。ルイボスティーには活性酸素を除去したり、冷え性を改善したり、ストレスを軽減する効果があります。ストレスを軽減するのはノンカフェインだからです。妊活をするときにはストレスを蓄積することが大敵になります。ストレスを感じると活性酸素が体内で増加して不妊になる可能性があります。

    実は女性の出産率が下がっている背景の1つとして、女性の社会進出が指摘されています。女性が仕事でストレスを感じているから妊娠力が低下しているのです。ルイボスティーがノンカフェインであることは安眠効果やリラックス効果をもたらします。こうしてストレスを解消して不妊の改善につながります。

    血行改善効果も!?ホルモンバランスを整える黒豆茶

    ルイボスティー以外の飲み物であれば黒豆茶がおすすめです。黒豆茶にはアントシアニンが含まれていて血行改善効果が期待できるからです。アントシアニンはブルーベリーの成分として有名ですが、動脈硬化や高血圧などの予防にもなりますし、女性の体にとても嬉しい効果です。また、黒豆茶にはイソフラボンも含まれています。不妊症に悩んでいる人はホルモンバランスが乱れている傾向があります。これが妊娠しにくい体になっています。

    このイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きがあり、ホルモンバランスを整える作用を持っています。そのため、不妊症の人の生理、妊娠、出産を調整してくれます。妊活においてホルモンバランスの乱れを改善することは、とても大切なことです。黒豆茶を積極的に飲むことで妊活しましょう。

    甘いものがほしいならココアがおすすめ

    甘い飲み物で妊活をしたい人にはココアを飲むことをおすすめします。ココアには子宮環境を改善する作用があります。これはココアには亜鉛が含まれているからです。亜鉛は受精卵が着床するのに必要な子宮内膜を形成するのに役立つ成分です。また、ココアには血行を改善して体が温まりやすくなる作用もあります。これは含有成分であるポリフェノールのおかげです。

    血管を拡張させて血液が流れやすくなります。こうして妊活の大敵である冷え症を改善することにもつながります。さらに、カカオにはリラックス効果もあります。これはテオプロミンという成分が含有されているからです。この成分は自律神経に働きかけて気持ちが安らかにする作用を持っています。心がリラックスしている状態だとストレスが蓄積しにくくなって妊活にとても効果的です。

    まとめ

    妊活中におすすめの飲み物は3つあります。1つはノンカフェインのルイボスティーです。安眠効果やリラックス効果をもたらしてくれます。もう1つは女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが含有されている黒豆茶です。ホルモンバランスの乱れを改善する効果があります。妊娠しにくい人はホルモンバランスが乱れていますので、根本的な解決につながります。

    3つ目はココアです。ココアには亜鉛が含まれていて妊娠において必要不可欠な子宮内膜を形成するのにとても役立ちます。ポリフェノールも含まれていて血行改善作用があって冷え性の改善にもなります。テオプロミンという成分も入っていて心がリラックスする効果も発揮します。妊活をする上で上記の3つはとても望ましい飲み物です。自分に合うものを飲んで対策しましょう。

    厚労省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等…」(外部サイト)