妊活栄養素

神経管閉鎖障害の原因と発症リスクを下げる葉酸

神経管閉鎖障害は妊娠初期に胎児が上手く成長しないことで起きる先天異常の一つです。本来つながるべき神経が塞がってしまうため、脳や脊髄が十分に成長しないケースがあります。下半身マヒなどの重度の障害を持って生まれる場合もあるため、妊娠時の予防が大切になります。

神経管閉鎖障害のリスクを下げる葉酸

神経管閉鎖障害の原因に栄養不足が挙げられます。妊娠中はたんぱく質やカルシウムなど、胎児の成長のためのエネルギーが必要になります。栄養が不足すればそれだけ胎児の発育が妨げられるだけでなく、母親の健康面にも大きな影響を与えます。

妊娠中に特に不足しがちで、意図的に摂取した方が良いとされるのが葉酸です。葉酸の摂取によって神経管閉鎖障害の発生率が下げられるという研究結果は多く、厚生労働省も推奨しています。妊娠前から赤ちゃんの異常が判別できる妊娠4ヵ月まで摂取することが予防に効果的と言われています。

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

葉酸はビタミンBの一種で、枝豆やほうれん草、モロヘイヤなどの緑黄色野菜に多く含まれています。レバーなどの動物の内臓からも摂取できますが、日常的に不足しがちな栄養素としても知られています。妊娠中は葉酸を多く含む食品を多く摂取したいですが、水溶性ビタミンである葉酸は熱や水に弱いため食品から摂取するのは困難です。そこで葉酸を配合したサプリメントを活用することを厚労省も推奨しています。

葉酸はサプリメントで補給するのがベスト!

葉酸は妊活中から出産後まで摂取すべき栄養素として厚労省も推奨しています。妊活中や妊娠時期によっても推奨摂取量異なりますが、妊活や妊娠初期においては1日400μgの葉酸の摂取が推奨されています。

そしてこの葉酸400μgは食生活での摂取にプラスしてサプリメント(栄養補助食品)で補給するように厚労省は推奨しています。これは食品から摂取できる天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)は吸収率が50%しかないことが分かっていること。またビタミンBの一種である葉酸は水溶性で熱にも弱いため、茹でるなど調理をすると多くの葉酸が流れ出て失われてしまうため、推奨摂取量である400μgを補給することが難しいためです。

そのため葉酸サプリメントに含まれる吸収率85%の合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)を摂取することを厚労省は推奨しています。ポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸と全くの別物というわけではなく、ポリグルタミン酸型葉酸を吸収効率が良くなるように変換したものがモノグルタミン酸型葉酸です。

モノグルタミン酸型葉酸が合成葉酸と言っても化学的につくられたものというわけではありません。モノグルタミン酸型葉酸も2種類に分けられ、食品由来のものと石油などの化学物質由来のものがあります。食品由来のものは野菜や酵母などからつくられるため安心安全なため、サプリメントを選ぶときは食品由来のモノグルタミン酸型葉酸を配合したものかどうかをチェックしましょう。

海外の妊活では常識!不妊でピニトールが注目される理由と危険性

ピニトールはマメ科の植物に多く含まれる成分の一つで、海外の妊活では妊活サプリとしては当たり前のように使われている成分です。

ピニトールは妊活以外にも糖尿病予防に効果があると言われています。これはピニトールが身体の中に入るとインスリンと似た働きをするためで、血糖値を安定させるために利用できるからです。インスリンが正常に分泌できなければ血糖値が上がり、糖尿病になってしまいます。

ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にも有効?

海外で不妊治療にピニトールが利用されているのは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療に役立つと考えられているからです。PCOSになると卵巣内に卵胞がたくさんできることで排卵障害を起こします。排卵が正常にできなくなると妊娠にも大きく影響を及ぼし、PCOSが不妊の原因となっているケースも急増しています。

PCOSになる原因は複雑で、医学的にわかっていない部分も多いです。しかし肥満を伴うケースが珍しくなく、内臓脂肪の蓄積が原因と考えられるとも言われています。血糖値を下げるピニトールは脂肪の蓄積防止に期待ができ、PCOSの改善を目的としてピニトールを活用する女性も増えています。

一方でピニトールには危険性もあります。ピニトールは血糖値に影響を与えるため、過剰な摂取で血糖値が下がれば意識障害などが起きる可能性があります。血糖値が下がっても急激に脂肪が減るわけではないため、体質を変えるための工夫も必要になります。

ピニトールを配合した妊活サプリはベジママだけ!

ピニトールは海外では妊活に広く使われていますが、まだまだ日本の妊活では広まっているとは言えません。妊活サプリでもピニトールを配合したものは「ベジママ」のみです。

ピニトールは身体の中で「カイロイノシトール」という物質になることが分かっています。不妊の原因の一つにこの「カイロイノシトール」が足りないからとも言われています。カイロイノシトールは蕎麦以外の植物には含まれていないというデータがあるため、ベジママのようなピニトール配合のサプリメントを飲むのがオススメです。

ベジママで配合されているピニトールはアイスプラント由来のものです。アイスプラントとはハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物で食用としてよく食べられています。ベジママでは品質と安全管理を徹底した国内自社工場で栽培した安心安全なアイスプラントだけを使っています。

葉酸やマカなどは多くの妊活サプリに使用されていますが、今のところピニトールはベジママにしか含まれていません。多嚢胞性卵巣症候群や他の妊活サプリであまり効果を感じられなかったなら、ベジママを試してみるのも良いかもしれません。

>> ベジママの公式サイトはこちら

妊活中のご夫婦で摂取したいマカの効果・効能と副作用

マカはペルー原産の野菜で、栄養価の高さや滋養強壮作用の強さで知られています。様々なサプリメントや栄養ドリンクに使われるだけでなく、妊活への活用でも注目を浴びています。

マカは妊活中の男女で一緒に摂取したい栄養素!

マカには精子の原材料となるアルギニンが豊富に含まれています。同じく精子の生産に欠かせない亜鉛などのミネラルもバランスよく含まれています。そのため男性の妊活でもマカを摂取することをオススメします。またマカには性欲を高める成分も含まれており、それにより男性機能の向上に期待できます。そのため日本ではマカといえば精力剤としての効果効能が有名です。

男性の精力剤として有名なマカは女性が妊娠しやすい身体を作るために効果があると注目が集まっています。必須アミノ酸や不飽和脂肪酸が豊富で代謝を高める効果が期待できるだけなく、女性のホルモンバランスも整えてくれます。生理不順や排卵のタイミングのずれは妊活の妨げになります。また冷え性予防や体力の向上にも効果があると言われています。

マカの副作用

マカは一般的な食品としてなかなか手に入らないため、サプリメントなどの形で摂取するのが一般的です。マカサプリメントは薬ではなく食品に分類されるため副作用はないものの、過剰摂取によって体調に影響がでる場合があります。吐き気や頭痛、下痢などが主な症状で飲み過ぎには注意が必要です。マカ以外の成分が原因になる場合もあるため、規定量を守ることが重要です。

また妊娠した後にマカを摂取するのも避けるべきと言えます。何か明確な理由があるわけではありませんが、妊娠中はホルモンバランスをはじめ、普段と身体の調子が大きく異なります。そのためマカのような女性ホルモンバランスに影響するような成分は避ける方がベターです。もし気になる場合はかかりつけのお医者さんに相談するようにしてください。

国産マカとペルー産マカの栄養価のちがい

マカはペルー原産の野菜ですが、数は少ないですが日本国内でマカを栽培しているところもあります。実はこの国産マカはペルー産マカに比べ圧倒的に栄養価が高いことが分かっています。

日本食品分析センターのあるデータによるとアルギニン4倍以上、ベンジルグルコシノレートは10倍以上、リジンは1.7倍以上、プロリンは2倍以上とも言われています。その他の必須アミノ酸や非必須アミノ酸も日本産マカの方が圧倒的に豊富です。

また血圧を下げる効果やリラックス効果があると言われるギャバは国産マカにしか含まれていません。マカといえば精力剤というイメージが強いためリラックス効果のある成分が含まれているというのは不思議な感じもしますが、身体をリラックスさせる効果も期待できます。

厚労省推奨!妊活中に葉酸を摂取するメリットと効果・効能

葉酸はビタミンBの一種であり、細胞の分裂と新陳代謝に深くかかわる栄養素の一つです。妊娠時には特に重要な栄養素で、厚生労働省が葉酸の摂取を推奨する文書を発表したことで知られています。

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

厚労省が葉酸を推奨する理由とは

厚生労働省が葉酸の摂取を推奨した理由は、先天性の障害を持った子どもが増加傾向にあったためです。研究の結果、葉酸を摂ることで子供が先天性異常を持つ確率を下げられることがわかり、妊娠初期に重要な栄養素として推奨されるようになりました。

妊娠初期は赤ちゃんの脳や神経細胞などを生み出す重要な時期です。細胞分裂を活発にする葉酸を摂取することで、健康な赤ちゃんが生まれやすくなります。葉酸が不足すると脳や脊髄がうまくつながらず、障害を持った子供が生まれる確率が高まってしまいます。妊娠時は妊娠していない時と比べ2倍程度の葉酸が必要と言われています。葉酸は食品から摂取するのではなくサプリメントで摂取することが推奨されています。

葉酸は妊娠中だけでなく、妊活や出産後にも重要な役割を果たします。葉酸を摂取することにより子宮内膜を厚くし、着床しやすい身体を作ると言われています。そのため妊活には必要不可欠な栄養素です。血液の合成に使われる栄養素であることから、生理不順にも良いとされています。たんぱく質の合成にも関わり、肌の調子や髪の毛の質にも影響を与えています。葉酸は単体で摂取するのではなく、ビタミンB12などと同時に摂取するようにしましょう。ビタミンB12には葉酸の再利用を助けたり、ヘモグロビンを合成する働きがあり、貧血予防などにも効果があります。

厚労省は天然葉酸ではなく合成葉酸を推奨している?

厚労省が推奨しているのは天然葉酸ではなく合成葉酸です。よくサプリメントなどでは化学性のものは身体に悪いから天然(オーガニック)が良いと言われますが、葉酸についてはちがいます。葉酸は「ポリグルタミン酸型」と「モノグルタミン酸型」の2つに分類されます。

「ポリグルタミン酸型葉酸」は 枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草などの食品に含まれるもの。「モノグルタミン酸型葉酸」は葉酸サプリに含まれるものです。厚労省で推奨しているのは食品に含まれる「ポリグルタミン酸型葉酸」ではなく「モノグルタミン酸型葉酸」です。これは葉酸の吸収率が大きく関わってきます。

実は食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸は吸収率が50%しかありません。また葉酸は水溶性ビタミンで熱や水などにも弱いため茹でるなどの調理すると多くの葉酸が損失します。そのためほうれん草や枝豆などの食品を食べても葉酸を十分に摂取することは難しいと言えます。

それに対し、モノグルタミン酸型葉酸は吸収率が85%です。効率よく葉酸を補給できるのは葉酸サプリメントということです。またモノグルタミン酸型葉酸はポリグルタミン酸型葉酸を吸収率が高くなるように変換したものです。そのため合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸と言っても食品由来のものも存在します。

吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸にも食品由来のものと石油などの化学物質から人工的に作られたものもあるので、サプリメントを選ぶ時には野菜や酵母由来のモノグルタミン酸型の葉酸を配合したものを選ぶことが重要です。