ピニトールはマメ科の植物に多く含まれる成分の一つで、海外の妊活では妊活サプリとしては当たり前のように使われている成分です。

ピニトールは妊活以外にも糖尿病予防に効果があると言われています。これはピニトールが身体の中に入るとインスリンと似た働きをするためで、血糖値を安定させるために利用できるからです。インスリンが正常に分泌できなければ血糖値が上がり、糖尿病になってしまいます。

ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にも有効?

海外で不妊治療にピニトールが利用されているのは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療に役立つと考えられているからです。PCOSになると卵巣内に卵胞がたくさんできることで排卵障害を起こします。排卵が正常にできなくなると妊娠にも大きく影響を及ぼし、PCOSが不妊の原因となっているケースも急増しています。

PCOSになる原因は複雑で、医学的にわかっていない部分も多いです。しかし肥満を伴うケースが珍しくなく、内臓脂肪の蓄積が原因と考えられるとも言われています。血糖値を下げるピニトールは脂肪の蓄積防止に期待ができ、PCOSの改善を目的としてピニトールを活用する女性も増えています。

一方でピニトールには危険性もあります。ピニトールは血糖値に影響を与えるため、過剰な摂取で血糖値が下がれば意識障害などが起きる可能性があります。血糖値が下がっても急激に脂肪が減るわけではないため、体質を変えるための工夫も必要になります。

ピニトールを配合した妊活サプリはベジママだけ!

ピニトールは海外では妊活に広く使われていますが、まだまだ日本の妊活では広まっているとは言えません。妊活サプリでもピニトールを配合したものは「ベジママ」のみです。

ピニトールは身体の中で「カイロイノシトール」という物質になることが分かっています。不妊の原因の一つにこの「カイロイノシトール」が足りないからとも言われています。カイロイノシトールは蕎麦以外の植物には含まれていないというデータがあるため、ベジママのようなピニトール配合のサプリメントを飲むのがオススメです。

ベジママで配合されているピニトールはアイスプラント由来のものです。アイスプラントとはハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物で食用としてよく食べられています。ベジママでは品質と安全管理を徹底した国内自社工場で栽培した安心安全なアイスプラントだけを使っています。

葉酸やマカなどは多くの妊活サプリに使用されていますが、今のところピニトールはベジママにしか含まれていません。多嚢胞性卵巣症候群や他の妊活サプリであまり効果を感じられなかったなら、ベジママを試してみるのも良いかもしれません。

>> ベジママの公式サイトはこちら